前のタクシーを追ってくれ!

映画と模様替えと語るブログ

《ペイ・ザ・ゴースト》ゴーストがロクなことしない映画

ニコラス・ケイジ主演「ペイ・ザ・ゴースト」というホラーを見ました。
ホラー自体は苦手だけどニコラス・ケイジは見逃せないので。

ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄 [DVD]

ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄 [DVD]

ストーリーはニコラス・ケイジの息子がハロウィンの日に忽然といなくなってニコラス・パニック!という内容です。
息子がいなくなる寸前に放った「パパ、ゴーストに借りを払ってね…」という言葉を頼りに大捜索が始まる。
見てるこっちは「借りってなんだよ?!」と思うわけ。
ニコラスが過去に相当なことをしでかして怒ったゴーストに息子を奪われちゃったんだな・・・と思うわけ。
ニコラスも息子の言ったこのセリフを反芻して「借りってなんだ?」って顔をする。
私は思った…「ニコラス、ここで思い出せないなら息子は帰らねぇぞ!」って。
なのにニコラスときたら身に覚えがないらしい。きっと後半で思い出すのだろう。

ニコラスパパはマメに警察に現状確認や行方不明のチラシを配りに行くが手がかりはない。
街を走るバスに息子が乗っている幻覚まで見る。
バスに乗っていた息子が口をパクパクしていたからそう思ったのかしれないが「息子は生きていて俺に何か伝えようとしている!」
私だったら精神的に疲れているかもな…と思うのに。ニコラスは私には感じない何かを感じているようだ!

さらにあてにならない警察の捜査を待っているだけじゃダメだ!と独自の捜査で行方不明になった子どもがどれくらい発見されたのかを調べていたり、
そこから同じく子供が消えた親を訪ねてみよう!とどういう基準で選んだのかわからないが全く頼りにならなそうなオッサンを訪ねたりもしていた。
私だったらオッさんちの玄関開けただけでヤバそうな予感するんで帰りますけどニコラス夫妻はリビングまでズンズン入って行く。
こういう時にゴーストは何もしないんだな(笑)

その努力のおかげかなんだかわからないけどホームレスのオッさんの道案内で別次元へ行くことができたニコラスパパ。
結局「借り」は何だったのかよくわかりませんでした!www