前のタクシーを追ってくれ!

映画と模様替えと語るブログ

IKEAでフロアランプを買いました

 f:id:qraus:20170924204904j:image

KVART フロア/読書 ランプ, シルバーカラー - - - IKEA

台座。

持ってみてはじめに思ったのが「足に落としたら間違いなく骨折、気をつけよう」

それくらい重たいです。

f:id:qraus:20170924201303j:image

この台座に2本の棒を連結、更にランプが付いている方の棒を繋ぎます。組み立てはこれだけなので5分で出来ます。簡単。簡単だけど説明書を見ながらやりました。言葉ではなく絵で説明するアレを見ながら台座と連結する棒をしっかり回らなくなるまで固定します。

なぜか棒同士の色が違いますが、まぁいいや。

f:id:qraus:20170924201454j:image

このランプにはE17経口の電球が必要との事。

電球は別売りです。

電球は展示コーナーにもありますが種類が限られていることがあるので電球コーナーも見ておくのがオススメ。一緒に行った娘(3歳)の「ソフトクリーム!食べたい!」を何十回も聞かされながら探す電球ほどHPを消費するものはありませんでした。

同じ経口でも見た目が違います。

この辺は好みとか色味とかですね。

¥999の球状タイプ

f:id:qraus:20170924203207j:image

 

¥999のリフレクタータイプ

f:id:qraus:20170924203229j:image

電球高い…

電球高い…

電球が高いので一瞬フロアランプを買うのを辞めようかと思いました…

気を取り直し、せっかくならあまり見かけない気がするリフレクタータイプにしました。リフレクターってなんだか分からないけども。

光源の部分がプラスチックなので子どもがイタズラしても割れにくそうな気がして。

IKEAのHPに電球を選ぶときの参考ページがありました。

電球選びのガイド - 照明 - IKEA

f:id:qraus:20170924202213j:image

早速取り付けてみると

 f:id:qraus:20170924203654j:image

お!💡ピッタリ!💡

そしてめちゃくちゃ明るい…読書するにはピッタリです。光源を天井に向けると6畳の部屋全体がほんのり明るくなります。

夜中に子どもが泣いた時に立ち上がって天井の電気をマメ電にするのが面倒くさかったので解消すればいいなと思います。

 

※家に帰ってHPを見ていたら同じリフレクタータイプでも200ルーメンと400ルーメンがあったみたいです。(値段も200円差で違ってた)200ルーメンでもよかったなー… (´・ω・)